海外FXで利益をあげても出金できない?出金できない詐欺の対処法

「将来の人生設計のために少しでも資金を増やしたい」と考えている人が始めるのが投資です。投資にも数多くの種類があり、投資信託や株式投資などが代表的なものとしてあげられますが、中でも手軽に始めることができる副業がFXです。

よくテレビなどで紹介されていることを例に説明すると、FXで月数百万円稼いでいる人がいますが、私もかつてそれに憧れた1人ですが、実践トレードへ移る前に何日も勉強し、チャートとにらめっこして実践取引でやっと利益を得ることができるのはなんとも言えない喜びであると思います。

ある程度利益を出したとき、出金できないなどのトラブルが起こることがあります。
通常、FXでもある程度利益を得たら、出金手続きをすれば、最初の手続きの場合は1週間前後、2回目以降は1~3日の間に登録した銀行口座に振り込まれるというのが通常の手続きです。

業者の中には、最低出金額を満たせば、出金できるという一般的な手続きのほかに、一定金額取引したら出金できるというハードルを設けている業者も存在します。

問題なのは、投資をして条件以上の利益を得たのにも関わらず、資金を出金できないとなりトラブルいわゆる「出金拒否」となるケースがあとを絶ちません。
他にもブローカーによる出金拒否や最悪の場合は「口座凍結」に発展するケースも少なくありません。

これらの行為はいわゆる詐欺行為に該当し、近年横行しつつあるケースで、「出金できない詐欺」と呼ばれています。

出金が必要となる場合は、各サイトに「出金する」などといった手続きのボタンがあるのが一般的です。
しかし、どこにも見当たらず、サポートセンターに聞いても対応してもらえなかったり、「出金手数料を支払わないと出金できない」といわれ、不振に思い改めて口コミを確認して「詐欺被害に遭った」と認識するケースも少なくありません。

もし被害に遭ったと感じた場合は、弁護士などの法律の専門家に相談することで投資金額の回収が可能になるのです。

これは「オレオレ詐欺」や振り込め詐欺同様、口座に資金が残っていることを見越して、相手先の口座を凍結することができるなどの法的措置になります。
早めに相談することで全額ではなくとも投資金額の回収が可能になります。

逆に対応が遅い場合は、「泣き寝入り」も覚悟しなければなりません。
投資金額は、決して安い金額ではありません。大事な資金を守るために必要なことは、サポート体制が万全の優良会社を選ぶことです。